マミヤさんと何となく

                              なんとなくな暇潰しの話をなんとなく楽しんで頂ければ幸いです。

寝心地

 

 

 

            夜分遅くにすみませんねぇ

 

            こんな話は如何でしょう?

 

          とある御山を満月が追い抜いた頃

             

           御山と大きな川の間にある

              小山の社に

        1人の男が賽銭を盗みにやってきました

 

            ゲラゲラと笑いながら

        御山の横を流れる大きな川がグニャリと蠢くと

        さらさらと流れる冷たい水が白い鱗に変わり

          御山に並ぶ程の大蛇となりました

         

         月夜目にわざわざ来るとは賎しいモノよ

 

        人なぞ天照が居ようと隙あらば罪を犯すモノさ

 

             月明かりにてらてら光る

        甲冑の様な甲殻と数十の鉤爪を持つ大百足が

      御山に巻きつきながら男を同じように見下していました

 

          地の金川の金を盗んで穢す罪人よ

 

          挙げ句罪人同士殺し合う恥知らず

 

           地を手にしてるとおもいあがり

 

           川を手に入れたとおもいあがる

 

              感謝を忘れて

              仇なす災い

 

            僅かに揺れれば事は済む

            僅かに吹けば押し流せる

 

               脆弱なモノ

 

             揺すってやろうか?

             吹いてやろうか?

 

          あの雛の巣立ちが済むまで待つか

          この桔梗が落ちるまで待とうか

 

           男はお目当てのモノを手に入れ

        浮かれた調子で丘で社をあとにしました

 

             雛はまた産まれる

             桔梗はまた咲く

 

           人が邪魔さえしなければ

 

         下流の集落が丸ごと岩水に呑まれたのは

              新月の晩でした

 

               というお話